伝わる書き方・広告術

「これでいい?」に対して「これがいい」以外の回答を考えてみた件

「これ“で”いいよ」と答えると怒られるのは理不尽だ

「コーヒーでいい?」と聞かれ、
「うん、コーヒーでいいよー。」と答えたら

「『コーヒー”で”いいよ』って何?!
『コーヒー”が”いい』でしょ?!」

と怒られたことがある人はいるだろうか。

私はある。本当に理不尽だ。

そもそも「コーヒーでいい?」と聞いてきたのはそっちじゃないか。何かやましいことでもあるのか。

「コーヒーでいい?」という質問に「コーヒーでいい」とただそのままオウムのように返しただけなのになぜ怒られなければならないのだ。オウム返しは会話の基本だろ。

そんなことを子供の頃から思っていた。今もそして、そんなことくらいで怒る人を不思議に思っている。ただ『で』と『が』が変わっただけなのに顔を真っ赤にして怒る人がいる。日本語とは難しいものだ。

教育面・精神面では指摘する理由もわかる

大人になっていちいち攻撃されないように防御として教えているのかもしれないし、何事も自分で決める人に育てたいからだろう。というのも、言葉のイメージがやや違うからだ。

「それ”で”いい」は投げやりな気もする。「本当は他のものがいいけど、まぁ、嫌じゃないし悪くはないかな。」というようなイメージ。「それ”が”いい」は前のめりな気がする。「私はそれを物凄く希望しているから是非ともよろしくお願いします」というようなイメージ。

マインド面から考えてみても「それ”で”いい」よりも「それ”が”いい」と言っていた方が良い気がする。自分で人生を決めている感じがするし、せっかくいうのであれば、そういう癖をつけておく方が良い気もする。

例えば「何が食べたい?」という質問に対して「パスタ”が”いいな」というのと「パスタ”で”いいや」というのでは言葉に含む意味合いが変わってくる。「パスタ”が”いいな」と言えば発言者は「自分で選んだ」という気持ちになるし、聞き手も言葉通りそのまま「パスタがいいのかー」と受け取ることだろう。

だが、今述べたケースは、「”何が”食べたい?」と聞いているようなどんな答え方でも良い質問だ。そう聞かれれば大概の場合は「◯◯がいい」だとか「◯◯が食べたい」と答えると思う。「”何が”食べたい」の”何”の部分に”パスタ”を挿入して「”パスタ”が食べたい」と言っただけなのだから。それに、「◯◯がいい」と言った方がお互い気持ちが良いだろう。

オウム返ししただけで怒られる

とはいえ、「◯◯”で”いい?」と言う質問にも「◯◯”が”いい」と答えなければ怒られても仕方がないとは言い切れない。

そもそも質問のジャンルが違う。「◯◯”で”いい?」と言う「はい」「いいえ」で答える質問とは違うのだ。「何が食べたい?」は自由回答で、「パスタでいい?」は二択だ。違う問題なのだ。

自由回答である「何が食べたい?」という質問に対して「パスタ”が”いいな」と答えずにわざわざ「パスタ”で”いいよ」なんて答えたらひねくれた奴か病的に気遣いをしている人だ。

だが、「◯◯”で”いい?」に対して「◯◯”で”いい」と答えた際は大概の場合はそんなひねくれてもないし、そこまでの気遣いもしていないと思う。何も考えていない。ただ、言われたことをそのままオウムのように返しているだけだ。

なのに、「◯◯”が”いい」と答えないと怒られるなんておかしな話だ。

教育的なことならばわからなくもないのだが、「◯◯”で”いい?」と聞いたのは自分の方なのに「◯◯”で”いい」と答えられた途端に不機嫌になる大人は勘弁願いたい。

怒る人は、被害妄想癖があるのかもしれない

「◯◯でいい?」と聞いて「◯◯でいいよ」と答えられただけで不機嫌になったり一喜一憂する人は、何か気がかりなことがあるか妙に気を遣っているかやましいことがあるかのどれかだろう。

例えば、「コーヒーでいい?」と聞いて「コーヒー”で”いいよ」と答えられた際、”で”に、過剰反応してしまう人は、「本当はお茶のが良かったかしら」とか「コーヒー嫌いなのは知っているけどお茶淹れるの面倒だし我慢しなさいよね」とか「本当は淹れたくないけど仕方ないからな」とか思っている可能性がある。

だから、相手が特に何も考えもせずに「コーヒーでいいよ」とオウム返ししただけなのに「あ・・・悪いことしたな」とか「コーヒーだと不満なわけ?」とか「せっかく親切にしてやったのに!」とか思ってしまうのだろう。

このように「それでいい?」と言う質問に「それでいい」と答えただけで勝手に怒ったり一喜一憂されると正直面倒だ。だから「それ”で”いい?」と言う質問には瞬時に「それ”が”いい」と答えるのが余計な波風を立てずに済む。

「が」や「で」に気遣うのも疲れる

しかし、いちいち気にしているのもものすごく疲れるし、集中力がいる。何か仕事など集中している時に「コーヒでいい?」と聞かれたら頭は仕事の方に持って行かれているのでわざわざ相手を気遣って先回りして「コーヒーがいい」なんて言っている余力はない。

隣にいれば「うん」だけで済むが少し離れると声が届かない。だから特に頭を使わずにそのまま「コーヒーでいいよ」と答えることになる。精神不安定な人ややけに教育熱心な人でない限りは気にしないとは思うのだが、『で』ごときで怒ったりする人もなかにはいるので気が抜けない。

それに「コーヒー”が”いいな」の”が”の部分を大声で言って強調して答えるのもわざとらしい。とにかく、頭を使わずに相手を怒らせたり必要以上に気遣いさせたりさせない簡単な答え方が良い。

模範回答は何だろう?

では、何と答えれば良いのか。そう考えてみたら、たどり着いたのが、

「うん、それで」だ。

『それ』の部分に、聞かれた物の名前を入れてもいい。

例えば、「コーヒーでいい?」と聞かれたら「うん、コーヒーで」となる。また、やや応用編として「それでお願い」「コーヒーでお願い」「それでお願いします」「コーヒーでお願いします」と言う風に「お願い」をつけるのもありだ。

目上や気遣うべき相手ならばこのように答えれば良い。

ここでポイントなのは「コーヒーで」とぶち切ってしまうところだ。「コーヒーでいい?」と言う質問に対し「コーヒーで」と答えるのは何も考える必要もない。とにかく答えるのが簡単だ。何かしながらでも答えられる。そして、相手もただそのまま返したのだと思い、妙に勘ぐったり、気遣ったりはしないだろう。

「コーヒーで」とか「コーヒーでお願いします」と言う答えはさほどおかしくはないが、「コーヒーが」とか「コーヒーがお願いします」だと文法的におかしくなる。

だとすると、『が』ではなく『で』と言ったからと言って怒ったり、必要以上に気にしてしまう人はいないはずだ。そもそも『が』では通用しない台詞になるからそういう発想にはならない。

相手に何も考えさせないのがポイント

とにかく、相手に余計なことを考えさせないのが重要なのだ。そして、自分も余計なことを考えずに済むのが1番良い。お互い思ってもいないことをいちいち探り合いしたり、気遣いしていたら馬鹿馬鹿しい。

「それ”で”いい」と言う答え方に対して過剰反応しない人だとわかっていれば良いが心の中ではどう思っているかわからないし、普段は何とも思わない人でも、疲れていたり、精神不安定だとするとちょっとしたことでも反応する可能性もある。だとしたら、お互い何とも思わないように初めからきっかけを詰んでおけばいい。

だから、「それでいい?」と聞かれたら「うん、それで(お願いします)」と答えておくのが安全だ。余計な気を遣わせたくないし、余計な気を遣いたくない人にはオススメの答え方である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで
ABOUT ME
アニータ江口
広告制作・記事執筆し、反応率を45.5倍にした人。趣味は街歩き・食べ歩き。好きなものは地歴・動物・昭和レトロ。好きな言葉はコスパ。特技は屁理屈をこねること。2018年5月、旧ブログから当サイトに引っ越し。うまいもの食べてうまいこと言いたい。